レバレッジ

FXで安定的に儲けを出すために気をつけること

世の中には、FXの取引でコンスタントに利益をあげている人がいまして、そのやり方をブログで公開していましたので、かいつまんで、紹介したいと思います。
「利益をあげられるようなルールを作って、それを守ること」というものが、コンスタントに利益を上げる方法だそうです。
では、どのようなルールを作るのでしょうか。

最初は、「気分でポジションを建てない」です。
FXは娯楽ではないのですから、暇なのでポジションを建ててみたでは、儲からないそうです。

次は、「為替レートの値を気にしない」とあります。
値段にとらわれますとトレンドが見えなくなり(利益を上げる)トレードができなくなるそうです。

次、「一度建てたポジションは、決めたあった損切りにかからない限り保持する」です。
これは、最初の気分でトレードしないと似ているルールです。
「将来のレートの動きは予測しない。
チャートの動きにあわせる」
「損切りは厳格に適用する」この人の場合は、この部分が非常に大きいようです。
ルールを守るを徹底するわけです。
損切りに関しては、かなりの部分をさいて説明していますが、損切りの意味というもは、単に建てたポジションの損を一定の幅で抑えようというものだけでなく、新しいチャンスに参加する機会を増やすという意味もあると言っています。
精神的にリセットするという意味のようです。

「損切りから見てポジションを建ててみる」このポジションの建て方は、斬新な発想だと思います。
利益を重視するあまりポジションを建てるタイミングを誤ってしまうことが多いことから、逆に見て、有利な損切りポイントを意識してポジションを建てるというわけです。
「トレンドに逆らわずにポジションをとる」この人の場合は、順張りが基本にあるようで、ポジションを建てた後すぐに利益になるようなポジションのとり方が最高だと言っています。
確かに、このような考え方は、理にかなっています。
簡単に要点をまとめてみましたが、感情を排して、ルールをつくり、それを守ることが、安定的な利益を得るコツだと言う話です。

このページの先頭へ