レバレッジ

外貨預金とFXは何が違うの?

外貨預金は、日本国内の銀行に他国通貨建ての預金口座を開いて、外国の通貨で預金することです。
ただし、日本の銀行の場合は他国通貨での預金の預入、引き出しは、銀行によっては拒否されます。
外貨預金の仕組みは、銀行のネットワークを使っていますので、外国の銀行も一枚噛んできます。

各国の銀行は自国での営業が主ですから、外国の通貨を持っていることは稀です。
どうしても外国通貨が自国で必要な時には、その国の現金を運ぶという原始的なやり方になるでしょう。
日本である銀行に外貨預金をしますと、その銀行は、その(外貨預金をした通貨を発行している)国にある提携している銀行(米ドルでは、シティバンクやJPモルガン・チェースなど)の(日本の銀行の)銀行口座に顧客勘定の預金をするようです。

このような(自国外の銀行の口座を開ける)銀行は、各国にあり日本では、三菱東京UFJ銀行が有名です。
外貨預金をする時には、日本円から外国通貨に交換するわけですが、そのときの売り買いのスプレッドは、1円以上ありますからかなりあくどいと言えます。
また、引き出すときに外国通貨では出来ないことも多くその時の売り買いスプレッドも同様にあくどいものです。

また、外国通貨で引き出しが出来るところでも手数料がかかったりすることがありますので、注意いしなければなりません。
税金関係では、日本国内の預金のように利息にかかる源泉分離課税だけとは異なり、外貨預金では為替差益にも課税されます。
このようなことから、普通に考えて外貨預金はおすすめできません。

まだ、外貨建てMMFの方がマシでしょう。
一方、FXは、外国通貨の現金でのやり取りは基本的になく、ただ数値(為替レート)の取引となります。
売り買いのスプレッドも1銭以下のところが多いですから、銀行の外貨預金と比べると1/100以下です。

また、銀行の利息に相当するものとしては、スワップポイントがあります。
FXで外貨預金と同じようにするには、その外国通貨を買いポジションで建てておけばすみます。
ポジションを建てるときに売買金額の全額は必要ありませんので、一面効率の良い投資になります。

このページの先頭へ