レバレッジ

初めてのFX

世界には多くの国がありますが、その中のほとんどの国は自国の通貨というものを持っています。
日本の場合では、円です。
海外旅行に行く時などでは、行き先の国の通貨が必要になりますから、その時に持っている日本の円を行き先の国の通貨に換えるでしょう。

このように、二国間の異なる通貨の交換のことを外国為替と言っています。
海外旅行では、現地の現金を使うことが多いですが、日本で発行されたクレジットカードが外国でも使用できるものがあります。
この場合には、渡航先の通貨で支払いを行いますが、最終的には、その時の為替レートと呼ばれる円と現地通貨の交換比率で計算された額を(日本のクレジットカードですから)日本の円で精算する(支払う)ことになります。

ここに出てくる二つの国の通貨の交換比率(為替レート)は、変動相場制をとっている国々では、日々刻々と変化しています。
これは、株式や商品の値段が日々刻々と変化しているのと同じですから、為替レートを商品の先物取引のように取引することが行われるようになりました。
これが、FX(取引)と呼ばれるもので、日本でも個人から法人まで幅広く取引が行われています。
どこでFXの取引をするのかと言いますと、多くの場合、FX会社と呼ばれている専門業者に(外国為替証拠金取引の)口座を開いて、その店との相対取引(店頭取引呼ばれる)をすることになります。

また、取引所に上場された商品先物としてのFXを取引することもできます。
証拠金取引とは耳慣れない人もいるとは思いますが、これは、商品などの取引をするときに売買金額の全額を受け渡しすることをしないで、その一部の金額を証拠金という形で預けることで、売買契約を結ぶというもので、最終的な決済は、反対売買による差金決済か実際に商品と現金の受け渡しを行う場合に分かれます。
FX取引では、反対売買による差金決済が、取引のほとんどを占めています。
この方法の取引は、リターンも大きいのですが、リスクも大きいですから実際に行う時には注意が必要です。

このページの先頭へ