レバレッジ

レバレッジで何倍もFXを楽しく

FXは、証拠金を預け入れることで、その金額の何倍もの通貨の売買を行うことができます。
この証拠金の額と取引通貨の総額の比をレバレッジと言います。
例えば、30万円の証拠金を預けいれている場合には、通貨取引の総額は、業者にもよりますが600万円程度まで大丈夫です。

600万円と言いますと、約6万米ドルですから3000米ドル程度の証拠金で、これだけ大きい金額の取引が出来ることは、(証拠金に比べて)大きな利益を得る機会あるということです。
(同時に損失機会もありますが)
レバレッジを大きくした取引をする時には、証拠金が飛ばないように逆指値注文などで守ることが普通です。

1万米ドル/日本円の売買で、1円のレートが動きますと、約100米ドルの損益が出ます。
6万米ドルでは、600米ドルとなりますので、1円程度のストップロスで、数回の取引が意に反して損失を被るとマージンコールがやってきそうです。
少ない証拠金でFXの取引をする場合、ポジションを建てている時間を長くすると為替レートの変動幅も大きくなりますので、ポジションを少なめにしなければならないでしょう。

一方、一日に何回も売買するやり方では、ポジションが建てられている時間が短いですから、レバレッジをきかせたポジションをとることができます。
この場合のストップロスを、米ドル円の取引では、(レートの変動率にもよりますが)0.2円から0.3円幅でやってみますと、ストップにかかったときには、6万米ドルのポジションがある時には、120米ドルから180米ドルの損失が出ます。
勝率を半分として、勝った時の利益がストップの幅を超えるならば、平均して利益が出ます。

このように、レバレッジをきかせた取引で重要なことは、勝率とその時の利益率及びストップロスの幅です。
もし、システムトレードなどで、ある期間有効な取引規則が見つかりますと、それを利用して、レバレッジをきかせた取引が可能になります。
調子のいい取引規則が見つかった時には、「連勝馬は負けるまで買い続けろ」という競馬の格言のように、勝ち続けている間は使い続けて儲けて下さい。

このページの先頭へ