レバレッジ

システムトレードってどういうこと?

人間の心理として同じ幅の利益と損失では、損失の方がより強く感じるとい悲しい性があるそうです。
このことによって相場の売買に臨むときに利益を得ることよりも損失を出す恐怖が勝ってしまい、結果的に損失がかさんでしまうことが多くなるという話です。
このようなことを実際に感じる人も多いと思います。

そこで、人間の心理、あるいは感情などを排した機械的な売買ができないかと考えた人たちがいます。
このようなことを考えた人は昔からいたのですが、コンピューターの発達した現在では、だれでもこのような機械的な売買をパソコンとそれを動かすソフトウェアを使うことで出来るようになって来ました。
これがシステムトレード(シストレ)と呼ばれるものです。
売買をはじめて完了するまでには、次のような順をたどります。

まず最初にポジションを建てます。
これと同時に損切りの値段を決めておき、その値段に達した時にはポジションが解消されて、ひとつの売買が終わります。
損切りにかからなかった時には、どこでポジションを解消して利益を確定するかが問題になります。
後は、売買の単位も決めなければなりません。
これらの事柄を機械的に決めておくわけです。

利用するものは、FXですから為替レートになりますが、このようなテクニカルなものだけでなくファンダメンタルなデータも利用する人もいるそうです。
上記の売買手続きが具体的に考えられましたら、過去のデータをあてはめて検証してみます。
検証の結果、利益を得るに耐えられる売買手続きであれば実戦で使ってみるわけです。

個人ではじめからシステムトレードを構築することは大変ですから、FX各社では、システムトレードのプラットフォームを提供しているところが結構ありますので、それを利用すると比較的簡単にシステムトレードができるようになります。
また、市販のソフトウェアもありますので、それを利用してFX業者のサーバーと接続することで、システムトレードを実現することもできます。

このページの先頭へ