レバレッジ

注文を出すタイミングを知ろう

FXの売買をするときには、その時の相場に対してなにかしらの(近い遠いは別にして)将来の価格予測があるはずです。
もし、相場が上がると考えているのであれば、買うことですし、下がると考えているのであれば、売りです。
このトレンド予測とは別に、ポジションを建てるときに、下がったら買い、上がったら売るという逆張りと下がったら売り、上がったら買うとい順張りがあります。

この2つは、その人のやり方ですから、どうこういうことはないのですが、逆張りのほうが利益を上げる時にはより多く、損切りをするときにも損が少ないという性質がありますが、なかなか初心者には難しい方法です。
一方で順張りは、比較的初心者でも精神的に楽ですからやりやすい方法だと言えますが、利益に関しては逆張りに一歩譲ります。
注文のタイミングは、上記の逆張りで行くか順張りで行くかで異なるものになります。

順張りでポジションを建てるのであれば、(トレンドがわかるのであれば)トレンドに従って注文を出すことです。
特にテクニカル分析などを使う場合には、トレンドフォローに向いているものを使うことで、ポジションを建てるタイミングを決めることになるでしょう。
逆張りの場合には、ある程度の損失に耐えられる精神力と資金が必要になります。

トレンドの中でもトレンドとは逆に相場が動くところを狙ってポジションを建てると効率良く利益があげられますが、これは、なかなか難しいことです。
損失を抱えながらポジションを増やしていくやり方が逆張りの逆張りたるところですが、トレンドを見誤ったり、損失に耐えられなかったりすると、かなりダメージを受けますので、損切りの上手な人でないとかなり危険だと言えます。
順張り、逆張りに限らずポジションを閉じるタイミングも大切です。
ところで、FXの注文のなかには、トレーロ注文と言って、利益の出ているポジションに対してトレンドに従って(逆指値注文の)指値を変化させることの出来る方法があります。
これなどを利用しますと手仕舞いのタイミングを逃さないで済ますことが出来るのではないでしょうか。

このページの先頭へ